自毛植毛を行うメリットについて知ろう | 自毛植毛大阪|クリニック選びで失敗しない為の比較サイト

自毛植毛を行うメリットについて知ろう

植毛には2種類あり、その一つが自毛植毛と呼ばれる物で、もう一つが人工毛を利用する方法です。自分の髪の毛を採取して移植する方法となっており、手術の形で行われますが、いくつかのメリットを感じる事が出来る方法です。

拒絶反応が起きにくい方法となっている

自毛植毛は、自分の頭髪を採取して移植する為、人工毛の様に体が異物として反応しにくいので、より定着率が高くなります。だから移植してすぐに抜け落ちてしまうという心配もなく、移植後のケアを正しく行っていればその状態をキープする事も可能です。そのため、何度も移植手術をする必要が無く、人によっては1回手術を受けるだけでも薄毛の状態が改善されるようになります。体にも負担をかけにくく、痒み等も発生しにくいだけでなく、副作用や化膿してしまったりする事も少ないので、より術後の頭部の状態も良い状態を保つ事が出来ます。

男性ホルモンの影響を受けなくなる

AGAの原因となっているのは男性ホルモンで、その影響によって頭髪が成長しきる前に成長をストップして抜け落ちてしまう事になります。自毛植毛の場合は後頭部の毛を採取する事になりますが、この部分は男性ホルモンの影響を受けないので、AGAになってしまう心配もありません。また移植した時は移植先の環境に適応してしまうのではなく、採取した所の環境と同じ様に成長して行く事が期待出来ます。つまり、移植した髪の毛は男性ホルモンの影響を受けてしまって再度抜け落ちる可能性が高くなるのではなく、後頭部の毛と同じ様に男性ホルモンの影響を受けずに成長し続ける事が期待できる、と言う事です。

白髪にもなって行くので自然な見た目

人間は加齢に伴って白髪が生えてきたりします。実際に自毛植毛を行った場合、その植え付けた毛と言うのはその場所で再度成長して行く事になり、ただ単に伸びて行くだけでなく白髪にも変わって行きます。だから移植した部分だけが黒々とした髪の毛のまま残ってしまうというのではなく、周りの毛と同じ様に白髪に代わって行く為、より自然な見た目となります。勿論白髪になるかどうかというのは人によっても違いますが、元々自分の頭皮に生えていた毛を移植する方法となっているので、より自然な仕上がりを持続しやすくなっているのも大きな特徴です。

まとめ

自毛植毛を行うメリットは、拒絶反応や見た目、成長、定着率等を見ると理解する事が出来ます。他の方法でも薄毛を改善する事は出来ますが、こうしたメリットによって、自毛植毛を選ぶ人は日本だけでなく世界各国にいます。




このページの先頭へ