自毛植毛をした時に失敗なんてあり得るのか | 自毛植毛大阪|クリニック選びで失敗しない為の比較サイト

自毛植毛をした時に失敗なんてあり得るのか

自毛植毛は拒絶反応も起きにくい方法で、現在ではより薄毛を改善する事が出来る方法としても知られています。しかし実際には選んだ病院や対処法、さらに術後の自分のケア等によっては、もしかしたら失敗と言う結果になる可能性もあります。

定着率が低く、抜け落ちてしまう

採取した自毛は生理食塩水に付けて乾燥しないようにしなければいけません。乾燥する事によって定着率が低下してしまい抜けやすくなってしまうからです。しかし病院によっては採取した毛を乾燥させてしまい、そのまま移植してしまうという事もあります。この場合はイメージしていたよりも移植した毛が定着しない為、結果的には再び薄毛になってしまうという事もあります。思っていたよりも定着しない場合、人によっては失敗したと判断してしまう事もありますが、これに関しては手術を受ける病院選びを正しく行う事によって回避する事は十分可能です。

傷跡が残ってしまう、目立ってしまう

自毛植毛では自分の毛を採取する事になりますが、その場合、方法によってはメスで切開した所を縫合して処置する事になります。縫合した箇所はどうしても毛が生えて来ない為、その部分の傷が目立ってしまう可能性が出てきます。髪の毛で隠して過ごす事もできますが、毛を採取した箇所によっては上手に隠す事が出来ずに傷跡が目立ってしまう可能性もあります。これに関しては現在ではメスを使わない方法や、メスを使ったとしても特殊な縫合方法で対応してくれる病院も有るので、そういった対応の所を選べは従来の方法に比べると傷跡が目立たない状態にする事は出来ます。

思った様な仕上がりにならないで納得できない

自毛植毛を行うとナチュラルな仕上がりになる、薄毛を改善できると思って手術を受けても、術後の様子を見ると何だかアンバランスだ、思った様名仕上がりではないという事もあります。これは医師の技術によっても大きく仕上がりが左右する為、病院選びをしっかりと行っておきます。また実際に手術を受ける前にはカウンセリングが行われますが、この時自分がどういった状態になる事を希望しているのかを伝え、医師との意思疎通を図っておきます。そうする事によってお互いの認識が共通の物となるので、術後にイメージと違うという事にも鳴りにくくなるからです。

まとめ

自毛植毛は手術で行いますが、100%成功するわけではなく時には失敗してしまう可能性もあります。出来るだけ成功に導く為にも、病院選びは慎重に行い、自分の頭髪がどんな状態になるのか予めよく理解した上で手術を受けましょう。




このページの先頭へ