自毛植毛は短時間で作業するのがポイント | 自毛植毛大阪|クリニック選びで失敗しない為の比較サイト

自毛植毛は短時間で作業するのがポイント

自毛植毛を行う場合は、スピードがとても重要になって来ます。長時間かけてしまうと体に負担がかかってしまうだけでなく、移植した毛の定着率にも影響を及ぼしてしまう可能性もあるからです。そのため、出来るだけ時間を掛けないように効率的に手術は行われて行きます。

乾燥してしまわないようにする為に

自毛植毛を行う時は自分の頭皮から必要な量の毛髪を採取する事になりますが、そのまま放置しておくと乾燥して行ってしまいます。乾燥するとどうしても定着率が低下してしまう為、せっかく移植したとしても毛が抜け落ちやすくなってしまいます。それを防ぐ為に生理食塩水に付けて作業は行われますが、それでもやはり4時間程度しか掛ける事は出来ません。そのため、出来るだけ定着率を下げないようにする為にも、なるべく短時間で作業を終了させるようにしており、広範囲になる場合は1日で終えるのではなく2日以上の時間を掛ける事もあります。

短時間で終える為に必要なポイント

手術を行う場合、機械やロボットを使用している病院も有りますが、まだ医師の手作業で行っている所もあります。この場合、仕上がりについては医師の技術に左右されるところが大きく、高い技術を持った医師に執刀してもらう方が傷口がきれいだという事だけでなく短時間で終了させる事が出来るようになります。そのため、病院を選ぶ時は適当に選んでしまうのではなく、その医師自身がどれだけ実績がある人なのかを調べ、なるべく症例数が多い病院を利用するというのも一つの方法です。そうする事によってより短時間で手術を終えて貰う事も出来るからです。

スタッフ全体の様子を見ておく事もポイント

植毛の手術を行う場合、メインとなるのは確かに執刀医ですが、それ以外にも多くの人が携わって自毛植毛が行われます。そのため、それぞれのスタッフの連携が取れていないと、どうしても余計に時間が必要となってしまい、結果的に手術時間が長くなってしまう可能性が出てきます。なるべく短時間で終了してもらいたいと思ったら、医師の様子だけでなくスタッフ全体の様子も見ておきます。連携が取れており、スムーズに作業が出来そうだと判断した所の方がより安全に、そして確実に作業を進める事が出来、スピーディーに終了させる事も出来るからです。

まとめ

自毛植毛を行う場合は、出来るだけ実績のある病院を利用し、短時間に手術を終えてもらう様にします。そうすることによって体への負担を減らす事が出来るだけでなく、そもそも移植した毛の定着率をアップさせる事も出来るからです。




このページの先頭へ