自毛でも人工毛で見た目以外のポイント | 自毛植毛大阪|クリニック選びで失敗しない為の比較サイト

自毛でも人工毛で見た目以外のポイント

薄毛の悩みを解決してくれるものとしてかつらがあります。高い技術があるため、自毛と変わらない見た目に仕上がります。ただ、人工毛のデメリットも多く、自毛に比べると使いづらいこともあります。見た目以外も見ておく必要があります。

人工毛の植毛と自毛の植毛とを比較する

薄毛の治療を行うとき、簡単に行えるのがかつらかもしれません。作るまでの時間はかかりますが、作ってしまえば後は取付けるだけです。金額とメンテナンスが大変になるとされています。かつらに近いのが人工毛を植毛する方法です。かつらも人工毛を使っており、かつらのように取付けたり保管のためのメンテナンスは不要です。ただ、人工毛なので、伸びることはありません。切ればその長さになります。また、ずっとついているわけではなく、自然に抜けることもあります。自毛の植毛なら、生着すれば生え変わるので、切ったりすることも可能です。

かつらと自毛の植毛とはどちらが良いか

薄毛の治療では、テレビコマーシャルなどではかつらが良く行われています。気になる部分に人工毛で作ったものをセットすることで、疑似的に髪の毛を増やすことができます。比較的早く対応できることから、すぐに解消したい場合には良い方法です。自毛を植毛する方法は、時間がかかるもののメンテナンスがほとんど必要ないとされます。かつらはメンテナンスが大変で、洗髪、調髪、買い替えなどのコストも気になります。自毛を植毛した時、手術時は一定のお金がかかりますが、それ以降は一般の洗髪や調髪なのでコストは気にならない程度です。

人工毛に比べて自毛は愛着を持つことができる

動物などだと、毛を触られると触られていることを感じることができる場合があります。人の場合、毛の先を触られても、それほど強く感じません。毛は生きていますが、感覚がないので、切られて痛くなることもありません。薄毛の治療を行うとき、人工毛をつけるか、自毛を植毛するかで悩むことがあるでしょう。どちらでも、紙を触ったときの感触はほとんど変わりません。違いとして、愛着があります。人工毛はどうしても後からつけたものと考えてしまいます。自毛の場合は、移植をしたとは言え自分の髪の毛です。より大事にしようとの気持ちを持つことができます。

まとめ

薄毛の治療を行うとき、かつらなどの人工毛を使うときと自毛を使うときがあります。自毛だと人工毛に比べると後のメンテナンスがそれほど必要ないケースが多くなります。その分コストもかかりにくくなります。




このページの先頭へ