自分の髪の量をどうやって増やしていくのか | 自毛植毛大阪|クリニック選びで失敗しない為の比較サイト

自分の髪の量をどうやって増やしていくのか

年齢を重ねていくと、若い頃との違いを突きつけられるようなります。昔は、脂っこい料理も沢山食べられていたのに、最近では見るだけで食欲がなくなってしまったりします。そんな違いの中で、髪の量も、違ってきます。

自毛と植毛のどちらを選択するのか

髪の量を増やす方法には、現在生えている自毛を育毛していく方法と、新たに毛を植毛していく方法があります。育毛には、時間がかかりますが、植毛であれば後頭部などの気になる部分を、すぐにカバーすることができます。また、後頭部などに装着するかつらと違い、ずれたり、蒸れたりすることはないので、激しい運動や水泳や海などで泳いでも、周囲の人が気づくことはありません。ヘアースタイルも、ある程度は自由にセットすることができ、気分によって、天候によって、自由に決めることができます。後頭部への視線も、気にする必要もなくなります。

ピンポイントの治療を望むことができる

しかし、費用は、移植していく毛の本数によって、左右されます。保険の適用はないので、捻出できる金額も限られてきてしまいます。気になる部分を、集中的に施術していくことで、金額を抑えることにもつながります。単位は、数百本からとなり、それぞれの患者の状態に合わせて治療が行われます。また、徐々に治療を進めることで、髪の量も段階的に増えていくことになります。かつらなどをしていて、薄い部分を隠していない人には、周囲にいきなりのボリュームアップだと、認識させにくくします。また、お盆休みや正月などを利用すると、気づかれににくくできます。

メンテナンスには何が必要となるのか

植毛であっても、自毛と同じようにメンテナンスをしていかなくてはいけません。それは、難しい方法ではなく、強い紫外線が当たらないように帽子を被ったり、汗をかいた後には汚れをきちんと拭くようにするという、基本的なことです。特に、皮脂が酸化することで、男性ホルモンが分泌され、抜け毛が起きることがわかっているので、皮脂をきちんと洗い流し、清潔にしておくことも大切です。愛情を持って、育てるようにと、心がけていくことで、自分が望んだ後頭部や前頭部の維持に、繋げていくことができます。また、血行も良くなるように、注意が必要です。

まとめ

植毛をしたからといって、髪の量が増えたことに浮かれてしまって、普段と変わらない生活ではいけません。これを、一つの機会と考えて、髪の毛にとって過ごしやすい生活環境を構築することを目指していきましょう。




このページの先頭へ