自分の毛を移植するので安心してできる | 自毛植毛大阪|クリニック選びで失敗しない為の比較サイト

自分の毛を移植するので安心してできる

髪の毛を増やす方法に植毛があります。人口毛を植え付ける方法もありますが、心配なこともあるでしょう。自毛植毛の場合は、自分の毛を使うので、拒絶反応などなく行える方法です。他の医療技術でも移植は良く行われています。

自分の毛を利用して濃い部分から薄い部分に移植

病気の治療方法として、移植を行うことがあります。臓器の移植などとなると大変ですが、皮膚の移植や血管の移植などは比較的頻繁に行われています。皮膚や血管の場合、自分の体の一部分から取ってきて行うことが多いです。他人だと拒絶反応が出ることがありますが、自分のものを使えば拒絶反反応が出ることはありません。自毛植毛の基礎知識として、自分の毛を利用して行う手術であることです。濃い部分と薄い部分があるので、濃い部分を少し切り取り、薄い部分にそれを移植することで薄い部分を濃くすることができます。拒絶反応が少なくなります。

薬に比べると効果が得やすい方法

薄毛の治療として、薬を使う方法があります。男性ホルモンが過剰になっている場合などに、それを抑える薬を使うことで脱毛を減らすことができます。ただし、誰でもこの方法が利用できるわけではなく、解決できない場合もあります。別の方法として、自毛植毛があり、基礎知識としては、薬を使うよりも効果が得やすいとされています。皮膚を移植するとそのまま移植されたところに定着をします。基本的には頭皮も同じです。特に自分の毛根を使うので、拒絶反応は起こりにくく、薬が合わない人でも利用できます。毛が生えない状態になっている人でも使えます。

生えてしまえば通常の頭皮のケアで済む

髪の毛が薄くなったとき、かつらを利用することがあります。簡単に毛を増やすことができますが、メンテナンスは大変です。保管方法や取替え、洗髪、散髪など通常よりもコストがかかるとされています。薬を使う場合も、常に薬を使うために、治療を開始すると治療のための行動が必要になります。自毛植毛の基礎知識として、生えてしまえば後は通常の頭皮ケアをするのみです。シャンプーをしたりすればよく、かつらのような取替えや薬を飲み続けるなどは不要です。一部生活習慣などを替えた方がいいこともあるでしょうが、大きな制限が加わることはありません。

まとめ

薄毛治療のためのクリニックが多くあり、薬を使う方法が知られています。薬の場合は効果があまり出なかったり、使えないこともありますが、自毛植毛は薬よりも効果が期待しやすくなります。後頭部などにあればそれを移植できます。




このページの先頭へ