気になる薄毛と遺伝子の奇妙な関係 | 自毛植毛大阪|クリニック選びで失敗しない為の比較サイト

気になる薄毛と遺伝子の奇妙な関係

自分の父親や祖父の頭を見て、いずれ自分もああいう風になってしまうのだろうなと、なんとなく暗い気分に浸ってしまう男性は少なくないはずです。薄毛が遺伝と非常に密接な関係にあることは、体験的に多くの人が感じ取っていることでしょう。

色々な薄毛の要因があることは確かです。

一般的に薄毛の原因と言われている要因としては、遺伝の他にも生活習慣からくるものや、ストレスや男性ホルモンといった幾つかのものが挙げられています。確かに、そうした要因によって薄毛が進行するということは間違いありません。しかし、実際に周囲の男性を見渡してみれば、おかしな点に気が付くことでしょう。同じように不摂生な生活習慣を持ち、同じようなストレスを抱えているにも関わらず、まったく薄毛にならないという人々も多いということは、考えてみれば不思議なことと言えるかもしれません。そこで浮上してくる要素が、遺伝ということになるわけです。

いわゆる男性ホルモンと髪の毛の関係

頭髪の分野で有名な研究のひとつとしてに、ハミルトン博士による実験があげられます。同博士は、去勢手術を受けた男性について調査を進めていました。そこで奇妙なことを発見します。それは去勢手術を受けたのが思春期の前後のいずれかによって、髪の毛が薄くなっていく症状に違いが現れてくるというものでした。思春期以前に手術を受けた男性は、髪の毛がうすくなることはなく、また元々から毛の薄かった男性が手術を受けた場合には進行が止まり、それ以上、髪が薄くなることはありませんでした。そこから男性ホルモン、いわゆるテストステロンと薄毛の関係が明らかになってきます。

テストステロンと遺伝のいずれが原因か

男性においては思春期以降にテストステロンが分泌されるようになります。それ以前に去勢手術を受けた場合、テストステロンの分泌が止まってしまうことになり、その結果として髪の毛が薄くならなくなるということが判明しました。そこでテストステロンを使った実験が行われることになりますが、そこから奇妙なことが判明しました。それはテストステロンが増えると髪の毛が薄くなる症状があらわれる人と、そうでない人がいるということです。ここから遺伝的に薄毛になりやすい人とそうでない人がいることがいることが明らかになってきたというわけです。

まとめ

薄毛になりやすい人とそうでない人という違いは確かに存在しています。遺伝というファクターは非常に大きなものではありますが、現代ではそれが必ずしも絶対的なものではありません。早め早めのしっかりしたケアを行うことで、薄毛は回避することは十分に可能です。




このページの先頭へ