植毛の生着率を左右するいくつもの条件 | 自毛植毛大阪|クリニック選びで失敗しない為の比較サイト

植毛の生着率を左右するいくつもの条件

植毛を行う場合、その植え付けた毛がそのまま定着するかどうかという事が重要なポイントになり、その率の事を生着率と言います。ただ全ての場合において同じ位の率となっているわけではなく、その時の条件によっても大きく左右します。

スピードを重視して手術を行う事

自毛を利用した植毛の場合は、自分の頭髪を採取して、それを薄毛が気になる箇所に植え付ける方法が行われていますが、その時に時間がかかってしまうと生着率が下がってしまう可能性が出てきます。実際に採取した毛は時間が経過するにしたがって徐々に乾燥して行ってしまいますが、その乾燥が生着率の低下の一因となっているからです。そのため、スピーディーに手術をする事が出来ればより定着させる事が出来るようになるので、医師の技術やそのクリニックの採取した頭髪の管理方法に大きく左右されると言っても決して過言ではありません。

経験豊富なスタッフが居る所を選ぶ事

植毛を行う場合は、スピードがとても重要になってくるため、余計な時間を費やす事はあまりできません。実際に手術を行う場合は医師だけでなく、それをサポートする看護師等も重要な存在となります。ただそのクリニックによっては医師だけでなく看護師の経験も少なく、必要な時にすぐに動く事が出来ないという場合もあります。出来るだけ生着率を高くした状態で植毛を行いたいと思ったら、クリニックを選ぶ時は費用や評判と言った点だけでなく、実際にはどれ位の実績がある所なのかという事も調べておきましょう。実績がある所の方がより適切な動きをスムーズにしてくれる可能性が高くなるからです。

手術後のケアも重要なポイントになります

植毛を行った後は、自宅でもケアをする事になりますが、その場合のケアによっても生着率が左右されてしまう可能性は十分あります。どうしても気になるから触ってしまったりして余計な刺激を与えてしまうと、それだけでも移植した箇所にダメージを与えてしまう可能性が無いわけではありません。少なくとも1週間から10日は安静にして、余計な刺激を与えないようにします。そうする事によって移植した箇所を外部から守る事が出来るようになるので、より生着率を高くする事が期待できるからです。またシャンプー等の点だけでなく、どこかにぶつけてしまったりするという刺激も与えないようにします。

まとめ

植毛の生着率を高める為には、病院を正しく選んだりする事も必要ですが、自分自身で出来るケアも正しく行う事も必要となります。そのため、ただ移植すれば良いというだけではなく、どこで手術を受けるのか、術後はどうすれば良いかと言う事も良く理解してから植毛を受けるようにしましょう!




このページの先頭へ