医師がどれくらい必要かを教えてくれる | 自毛植毛大阪|クリニック選びで失敗しない為の比較サイト

医師がどれくらい必要かを教えてくれる

髪の毛が薄くなってくると、年齢が高く見えるなどのデメリットがあります。自毛植毛の価格は植毛する量によって大きく変化しますが、医師がどれくらいすればよいかを提案してくれるので、いくらかかるか知ることができます。

グラフトあたりどれくらいかで示される

皮膚などにも産毛などが生えています。それを見ると、一つの毛穴から毛が一本ずつ生えていることがわかります。眉毛などでも同じように生えています。では髪の毛はどうかですが、他の部分とは少し異なります。毛穴を拡大できるカメラで見てみると、一つの毛穴から何本もの毛が生えていることがわかります。自毛植毛を行うとき、毛一本でどれくらいかかるかと考えがちですが、グラフトと呼ばれる単位でいくらと見ることが多いです。グラフトは移植の単位のことを示し、一つの毛穴のことを指します。一つの毛穴には2本から4本の髪の毛が生えます。

薄毛の状態によって必要な植毛数が異なる

薄毛に悩む人の場合、少し地肌が見える程度の人もいれば、きれいに地肌が見えている人もいます。地肌の見える部分の大きさも人によって異なります。自毛植毛を利用して薄毛を解消したい場合、気になるのはいくらかかるかです。全く同じ量が必要な人はいないでしょうから、人によって金額は異なります。ただ、目安などは大体わかります。前頭部の生え際が少し薄い程度であれば、20万円から100万円ぐらいで行える場合があります。100グラフトが10万円ぐらいのことが多く、少ない人であれば、200グラフトぐらいで解消できる場合があるからです。

事前に今の状態から見積もりをしてもらえる

薄毛の治療を行うとき、まずは今の状態を調べる必要があります。カメラなどで撮影をすることで、細部の状態もわかります。医師であれば、どの部分を解消することで薄く見えないかを知っていますから、提案もしてもらうことができます。自毛植毛をするときに気になるのがいくらかかるかですが、見積もりをしてもらうことで大体の金額を知ることができます。きれいに解消したいのであればどれくらい、あまりお金が出せないなら、最低これくらいした方がいいのではと提案してもらえます。それに納得することができれば、治療を開始することになります。

まとめ

自毛植毛では、グラフトと呼ばれる単位が使われます。一つの毛穴を指し、髪の毛2本から4本分ぐらいが該当します。各医療機関では、グラフトあたりいくらの料金設定になっていて、どれくらいかかるかがわかりやすくなっています。




このページの先頭へ