人工毛と自毛を使用した施術方法 | 自毛植毛大阪|クリニック選びで失敗しない為の比較サイト

人工毛と自毛を使用した施術方法

植毛するには方法がいろいろとあります。人工的な毛と自毛を使った施術方法が代表的なものであり、ここではそれぞれの特徴やメリットなどを紹介していきたいと思います。特に自毛を使用するものには種類がありますので、知っておくと便利です。

人工植毛の特徴とメリットについて

人工植毛とはナイロンなどの合成繊維によって人工的に作られた毛のことを指します。頭皮にこの毛を植えることで自然な髪の毛を演出します。自分の髪の毛を植えるときには新しく生えてくるまでに時間がかかります。およそ3ヶ月程度はかかります。しかしながら、人工毛を植えたときには、ただちに髪の毛が伸び終わった状態の髪の毛を手にすることができます。しかも、自分の好きなヘアースタイルにすることができることも大きなメリットです。ただし、人工毛ですから、それを植えつけても新しく生えることはありません。ふさふさとした髪の毛をすぐにほしい人には強くおすすめできます。

自毛植毛の特徴とメリットについて

植毛するには人工的な髪の毛を使わない方法もあります。それは自毛です。自毛植毛とはAGAによる影響を受けることなく残っている髪の毛を植えることが一般的です。人工毛の場合は免疫機能は異常反応した場合には植えることが難しいケースもあります。しかしながら、自毛であればそのようなことはまずありません。定着率がきわめて高いのです。統計的には定着率が80%以上です。ただし、髪の毛を移植するときには頭皮に植えつけるときに肌に傷が少しできます。実績のあるクリニックで受ければ傷も目立ちません。クリニック選びをしっかりとしましょう。

FUT法とFUE法という自毛を使用した方法について

植毛するには人工的な毛を使用する方法と自分の毛を使用する方法がありますが、前者にはさまざまな施術方法があります。その代表格がFUT法です。これは表皮が内側に入り込んでいる毛包ごとに株分けしながら植毛をする施術方法です。1本ずつ植毛しますので、確実性が高いです。アメリカで非常に広く用いられているものであり、日本でも最近人気が高まっています。FUT法と異なった方法としてFUE法もあります。メスを使わずに毛穴を抜いて髪の毛を採取して植えつけるというものです。傷跡が一切残らないというメリットがあります。

まとめ


植毛するには人工毛と自毛を使用した施術方法があります。それぞれメリットとデメリットがありますが、すぐにふさふさの髪の毛を手にしたい人には人工毛をおすすめします。一方、きちんと自分の毛を生やしたい人には自毛がおすすめです。




このページの先頭へ