メスを使えなかった人でも行える | 自毛植毛大阪|クリニック選びで失敗しない為の比較サイト

メスを使えなかった人でも行える

自毛植毛を受けたいけども、メスを入れることができないために受けられない人がいました。メスを使わないタイプの方法なら、メスが使えなくても受けられます。メスとは異なる器具を使って、毛根を採取します。

切ることができない状態の人でも受けられる

頭皮は、髪の毛があるときとない時では皮膚の状態が異なります。髪の毛があるときは、皮脂などの分泌があり、それなりに皮膚がやわらかい状態になっています。しかし、髪の毛が少なくなってくると、皮脂の分泌が少なくなってきます。それによって皮膚が張った状態になる場合があります。自毛植毛を行うとき、あまり皮膚が張った状態になると、メスを使うことが難しくなります。この時は、メスを使わない方法を利用すると良いでしょう。これまではメスを使うのが一般的でしたが、最近は使わない方法も利用できます。いろいろなケースで対応してもらえるようになりました。

メスを使わずに毛根を取ることができるのか

自毛植毛の手術は、後頭部など抜けにくい部分から、前頭部などの抜けやすい部分に移植をする方法です。一般的に行われる方法として、メスで毛根を切り取り、それを移植する方法が取られていました。切り取るので、傷口を縫い合わせるための縫合が必要になります。最近はメスを使わない方法が出てきました。どのように切り取るかですが、パンチと呼ばれる器具を使って毛根を採取する方法になります。メスは使いませんが、まったく傷ができないわけではありません。ただし、塗ったりすることはありません。そのまま自然に傷がふさがります。

合っている人と合わない人がいることを知る

整形手術には、プチ整形といわれて切らないで行われる方法があります。二重瞼を作ったり、しわを無くしたりする時に使うことができます。切る手術と同様の効果が得られますが、全く同じではないので、それぞれのいい面をチェックする必要があります。自毛植毛をする場合にも、メスを使う方法とメスを使わない方法とを選択することができます。整形手術の場合は、切らない場合は傷などはできませんが、こちらは毛根を取りますから、メスは使わないもののそれなりに傷ができます。傷が残るのに問題を感じる場合には、行わない方がいいこともあります。

まとめ

自毛植毛を行ってもらうときに、メスを使わない方法が選択できる場合があります。メスを使わずに毛根を採取するわけですが、どうやって行うかを知っておくと良いでしょう。プチ整形のように傷ができないわけではありません。




このページの先頭へ